コミュニケーション

相手の長所の見つけ方&活かし方

スポンサーリンク

皆さんは「自分の長所はどこですか?」と聞かれた時にすぐに答えることができますか?

短所ならすぐにでるけど、長所はパッと出てこない…

という方、結構多いのではないでしょうか。これは周りの人に対しても同じ事が言えます。

部下の短所はすぐに思いつくのに、長所を見つけるのには時間がかかってしまう…

そもそも人間は無意識レベルで他人の悪いところや欠点を探しています。無意識なので自分でコントロールができません。他人の悪いところに目を向ける事で、自分の悪いところを見ないようにしてストレスを軽減しているのです。

リュウ
皆さんも思い返してみて下さい。周り人のミスや嫌ところなどは目につくことが多くないですか?

逆に周りも、あなたのミスや嫌なところは目についているということです。こうなるとお互いのミスに対してイライラが募り、人間関係がどんどん悪くなっていきます。

そうならないためにも、相手の長所を見つけることを心掛けていきましょう。短所と違って長所は無意識で見つけることができません。相手の良いところを探そうとする意識が大切です。

そこで今回は【相手の長所を見つける】ことに焦点を当てた内容をお伝えします。

 

①相手の長所を見つけるメリット

picture_pc_6b94fb3b5e544c86b31f0bf50a4e235d.jpeg

人間関係が悪くなると余計に嫌なところしか見えなくなるので、そのような状態で相手の長所を積極的に探すのは難しいと思います。

そこで考え方を変えて

相手の長所を見つけたらプラスになることがある!

と思えれば自分のために頑張れるはずです。

 

感情をコントロールできる

相手の嫌なところは無意識に目につくので、どうしてもイライラして怒りの感情が出てしまいます。そのような時は、相手の長所を見つけようとする事で一旦冷静になれるはずです。

ポイント

一般的に怒りのピークは6秒と言われており「長所を見つける」ことに意識を向けることで、気付けばあっという間に6秒経っています。

実際にすぐ長所を見つけられなくても「イラッとした時は長所を見つける」という一連の流れができるようにれば、それが気持ちを切り替えるためのスイッチの役割を果たしてくれるのです。そうすれば自ずと怒りの感情もコントロールできるようになります。

 

相手の長所を自分に取り入れる

ポイント

相手の長所を見つけた時に、それが自分にないものであれば積極的に取り入れましょう。そうすれば、あなた自身が成長できて、スキルアップにも繋がります。

そうやってたくさんの人の長所を見つけることを意識付けしていると、自然と前向きな考え方になれますし、相手に対して新たな発見があるかもしれません!

 

仕事が大変で、相手の長所を見つける余裕がない人はこちらの記事をご覧下さい!

 

 

②相手の長所を見つける方法

picture_pc_fcc51c76e9f5eec72e90b40f417a1d0b.jpeg

相手の長所を見つける具体的な方法をお伝えします。

 

思い込みを無くす

周りの人と接する時にフラットな状態で対応できるのが望ましいです。相手に対して先入観や偏見があると嫌な部分にしか目がいかなくなります。

上記でもお伝えした通り、嫌なところは無意識に見えてくるので、変な先入観まで持ってしまうと長所を見つけようとする気持ちにならなくなります。

ポイント

長所を見つけようとする時の第一歩は、相手への思い込みを無くしてフラットな状態にすることです。

 

相手を「理解する力」と「共感する力」を身につけることで良好な人間関係が築けます。

 

コミュニケーションを取る

相手の長所を見つけるためには、こちらから積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。その際にただ話しかけるのではなく、相手に興味を持ちましょう。あなたが興味を持って話すことで相手の知らない一面が見えてきます。そこから長所を見つけることに繋がっていくのです。

 

否定的な言葉を使う人の特徴と対処法についてお伝えしています!

 

長所と短所は表裏一体

ポイント

相手の短所は目につきますよね。実はその短所が「裏を返せば長所になる」という考え方ができます。

昔同じ店舗で働いていたスタッフで、周りの人のミスをみつけるとすぐに私に報告をしてくる人がいて、周りのスタッフから

そういう行為はあまり良い気分がしない

という声があがり、ミーティングを開いて解決策を考えることにしました。

これだけを聞くと、チームワークを乱す厄介なスタッフだと思いがちですが、このミスを報告してくるスタッフの凄いところが、自分は一切ミスをしないのです。

ミスを防ぐために常に注意を払い、何度も確認して仕事に取り組んでいる、他人に厳しく自分にも厳しい人でした。

このスタッフの短所は「周りのミスをすぐに報告することでチームワークを乱す」ということですが、裏を返せば「周りのミスを指摘するからには、自分は絶対にミスができない状況を作り上げている」という風にも捉えることができます。

相手のミスに対しては指摘するのに自分が同じようなミスをしていたら示しがつきません。現にミスしているスタッフは、きちんと確認ができていないために起こっているケースが多く、意識の低さが招いたものです。

このように、短所である部分は同時に長所としても捉えることができるので

目についた短所を長所に捉えることができないのか?

と考えてみることも必要です。

 

 

 

③相手の長所の活かし方

picture_pc_4df0df69a89f7ce963d57cf09143422b.jpeg

相手の長所を見つけたら、それを最大限に活用することをおすすめします。方法としては簡単です。ずばりメモに残しましょう!相手の言動から長所を見つけたら、その時の日付や時間、内容をメモに書きます。

ポイント

メモに残す理由は自分が忘れないためと、後日相手に長所を伝える際に、詳細を話すことで相手の感情に訴えることができるからです。

相手からすれば

自分の良いところをそんなに細かく覚えてくれているんだな...

と感激するはずです。

私は携帯のメモ機能を利用してストックしており、たくさんの長所の中から自分に取り入れることができるものは自身に活かしています!是非とも試してみて下さい!

 

好感度を上げたい方はこちらの記事をご覧下さい!

 

 

まとめ

今回は【相手の長所を見つける】ことに焦点を当ててお伝えしました。

長所を見つけるためには、あなた自身の意識を変えて相手と向き合うことが大切です。

「これまで仲が悪かった人の長所を見つけてください」

と言われても無理だと思う方は、その人のために見つけるのではなく

「自分自身が成長するために見つける」

という考え方に変えてみましょう。

相手の長所を見つけることでのマイナス面は何一つありません。
自分も成長できて、相手との関係性も良好になります。

その方が単純に楽しいですよね?

今回の記事を参考にして頂き、周囲にいる方達の長所をたくさん見つけて下さいね!

 

自分に自信をつけるためのポイントを大きく3つに分けてお伝えしています!自信をつけたいという方はご覧下さい!

スポンサーリンク

© 2021 ビジコミライフ Powered by AFFINGER5