コミュニケーション能力が高い人の視線を使ったテクニックとは?

 

周りとコミュニケーションを取るのが難しい...

と悩んでいる人は、しっかりと相手の目を見て話していますか?

 

人見知りなので、相手の顔を見るのが恥ずかしい…

という人もいますが、コミュニケーションは相手の表情や視線から多くの事を読み取りますので、たとえ短い時間でも顔を見るようにして下さい。

 

コミュニケーション能力が高い人は視線の使い方を意識しています。なぜなら、視線の動きを観察することで、相手の考え方や感情が分かるからです。

 

目は口ほどに物を言うということわざがあるように、コミュニケーションを取る上で目を見ることは大変重要です。

 

そこで今回はコミュニケーション能力が高い人の視線を使ったテクニック」についてお伝えします!

 

 

 

①視線を観察する

IMG_3371.jpeg

あなたが相手に質問をした時には視線を観察して下さい。その時の視線の向きによって、相手がどのように考えているのかが分かります。

 

例えば

最近、彼女の行動が怪しい…

と思っているのであれば、事前に休みの日の予定を聞いておきます。

 

明日休みって言ってたけど、何か予定あるの?

友達とランチに行く予定だよ!

 

そして後日会った時に、この時の休みの日について尋ねます。

そういえばこの間の休みの日に友達とランチに行くって言ってたけど、どこのお店に行ったの?

 

この時、彼女が即答であれば本当の事を話していると思いますが、少し間が空いて考えているようであれば、相手の視線を観察して下さい。

 

視線が右上

視覚の記憶を思い出そうとしているので本当のことを伝えようとしています。

 

視線が左上

視覚のイメージを構築しようとしているので、真実とは違うことを伝えようとしています。

もしかしたら、本当の事を言えない理由が何かあるのかもしれません。

 

視線が右横

聴覚の記憶を思い出そうとしてます。

 

視線が左横

聴覚のイメージを構築しようとしています。

 

視線が右下

自分の心の声と対話をしています。

 

視線が左下

体感覚の記憶を思い出そうとしています。

 

人間には五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)があることは皆さんご存知でしょうが、この五感には人それぞれに優先度があり、特徴があります。

 

視覚優位な人の特徴

・何かを図で認知するのが得意

・人の顔を覚えるのが得意

・頭のなかで言語ではなく映像を使って思考する(映像思考)

・見た目や結果にこだわる

・ざっと見ただけで全体の関係性を理解できる

 

聴覚優位な人の特徴

・フレーズや歌詞を覚えるのが得意

・雑音があると集中できない

・論理的に話してもらわないと嫌がる

・聞いて学習することが得意

・記憶に音声がともなっていることが多い

 

体感覚優位な人の特徴

・ボディタッチが多い

・心地よさを大事にするのでラフな格好が好き

・身体を動かして物事を覚える

・相手に触れることが出来る距離に近付いて話をしたがる

・触ってものを確かめる

 

 

ポイント

その人の特徴に合わせて質問をすることで、より効果的な回答が得られます。質問をした後は、必ず相手の視線を観察して下さい。

 

 

相手の視線を観察するのに合わせて、スムーズなコミュニケーションをとるための質問テクニックも知っておくと便利ですよ!

 

 

 

②視線でコントロールする

picture_pc_26a2481607909f81dfc4e5929a264951.jpeg

コミュニケーション能力が高い人は、何も言わずとも視線だけで相手をコントロールすることができます。

 

例えば、あなたが気になる女性と会話を楽しんでいて、その女性が急に視線をはずしたらどう思いますか?

「何か気に触ることでも言ってしまったのだろうか

「言い方が悪くて怒らせてしまったのだろうか

「話が長くてつまらなかったのだろうか

と不安になりますよね。

 

注意

この不安になっている時点で、すでに相手のペースに飲まれているのです。そうなるとその場を相手がコントロールすることになり、中々自分の思うようにはいかなくなります。

 

このように、視線一つで相手をコントロールすることは十分可能なのです。

 

 

 

③視線テクニック

picture_pc_2fb0460bcd45f02429812ec44bdd06f9.jpeg

あなたはこれまで一目惚れをしたことがありますか?

 

一目惚れをしたという人は、無意識に5秒以上相手のことを見つめているそうです。

普通のアイコンタクトは12秒ですので、5秒以上となると、相手も見つめられているということに気づく程の視線を送っていることになります。

 

実は、この相手に気づかせるということがポイントなのです。

 

相手は

私のことを見つめていたということは気があるのかな?

と意識し始めます。そして一度、意識してしまうと

またあの人に見られているかも…

と、逆に相手の方からこちらを見てくるようになります。

 

ポイント

この視線テクニックは盛り上げるようなトーク気の利いた振る舞いなどは一切せずとも、相手に自分の存在をアピールできるのです。大勢の人がいる中で、奥手で積極的にアプローチできないという人にこそオススメな視線テクニックになります。

 

もし不審がられて

何で私を見ているんですか?

と聞かれたら、言い逃れるために上手いこと言おうとせず

可愛いので自然と目がいってしまいました。不快な思いをさせてしまったのならごめんなさい。

と素直に答えましょう。

 

こちらが謙虚な姿勢で謝ることで返報性の法則が働き

こちらこそ変なことを聞いてごめんなさい。

と警戒心が多少薄れます。

 

見つめすぎて気持ち悪いと思われたらどうしよう…

このようなネガティブな思考は必要ありません。

 

せっかくのチャンスの場で何もできずに終わるよりも、視線テクニックで少しでも自分を印象付けることができれば、後日チャンスが訪れるかもしれませんこのテクニックは本当に簡単で効果がありますので、コミュニケーションに自信のない方は是非とも試してみて下さい!

 

 

 

「好きな人となぜか目が合うな〜」と思っている人は是非ともこちらの記事をご覧ください!

 

 

 

まとめ

今回はコミュニケーション能力が高い人の視線を使ったテクニック」についてお伝えしました。

 

コミュニケーション能力が高い人は、相手の視線から感情を読みとったり、自分の視線でアピールをしたりと、視線を重要視しています。普段は何気なくしているアイコンタクトも、今回お伝えした視線テクニックを使えば、簡単に相手と良好なコミュニケーションを取ることができます。

 

皆さんも今回の内容を参考に視線を上手に活用して、良いコミュニケーションを築いて下さい!

 

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

-コミュニケーション

© 2022 ビジコミライフ Powered by AFFINGER5