コミュニケーション

部下の様子がおかしい時にはコミュニケーションを見つめ直しましょう!

スポンサーリンク

私がアパレルの店長をしていた時の話です。

そこは百貨店の中にある店舗で、周りも同じような価格帯のお店が連なっており、「いかにして自店で購入してもらうかを常に模索しながら店舗運営を行っていました。

そんな状況の中で起きた部下とのコミニュケーション問題について、今回はお伝えします。

 

①コミュニケーションが取れてると思っていた理由

picture_pc_a01a91c162bf46b36ff5515c93bc3ae8.jpeg

タイトルでは分かりづらかったかもしれませんので簡単に説明しますと、私は部下とのコミニュケーションが取れているつもりでしたが、部下の方は、私とコミュニケーションが取れていないと感じていました。

そこの認識の違いが一番の問題であり、私の反省点です。

ではなぜ当時の私は、部下とのコミュニケーションが取れていると思ったのか?

結論から言うと常に売上が取れていたからです。

店舗自体の売上がいい時は、私を含め部下全員のモチベーションが高くなります。

それは、お客様に満足したお買い物をしてもらい結果が出せているという達成感と、他店よりも自店の方が売上がいいという充実感があり、常に店内が活気付いています。

そういう状況の中でも、私なりに部下を気遣い、感謝の言葉は伝えていたつもりです。
ですので、コミュニケーションが取れていないなんて考えもしていませんでした。

 

②コミュニケーションが取れていないと感じた理由

picture_pc_092433f347985c175af3023559dbb768.png

売上を常にトップで維持していることで、私を含め店舗の評価も高くなりました。

そんな中、上司から一本の電話が入ります。

◯◯さんから、店長と上手くコミュニケーションが取れていなくて悩んでいるって電話があったけど、どういう状況なの?
という内容です。

ここで初めて

リュウ
自分だけがコミュニケーションを取れているつもりでいた...
ということに気づきました。

店長業務だけではなく接客も数多くこなしていたので、正直部下とゆっくり話す時間はありませんでした。それでも声をかけてコミュニケーションはちゃんと取っているつもりでしたが、部下にはそういう風に見えていなかったのです。

私の中で

◆ 売上を取って常に結果を出している。

◆ お店のことを考えて一生懸命やっている。

という驕りがあったのかもしれません。

自分でも知らないうちに余裕がなくなり、冷たい対応になっていて、そこに部下は違和感を感じたのではないでしょうか。

リュウ
何より恥ずかしかったのが、いつも一緒に働いている部下の変化に気づけなかったこと。そして、部下が相談をもちかけられないくらい悪い雰囲気にしてしまっていたことです。

 

③コミュニケーションを取るために実行したこと

picture_pc_75f961faee6169b458e60b86ab832ae9.png

その後部下とは面談する機会を設け、その時の私の考えを本音で伝え、謝罪しました。

このような認識の違いを起こさないために私が取り組んだのが「アセスメントスキル」の習得です。

ポイント

アセスメントスキルとは「部下の能力」「育成ポイント」を把握するスキルであり、このスキルで重要なのは「部下の特徴を日頃から観察する」ことです。

部下一人一人、性格も考え方も仕事への姿勢も異なります。そこに意識を向けて、普段の部下の特徴を細かくノートに記しました。その情報をもとに、部下と話す機会を設けて、思い込みによるすれ違いをなくすように心がけてからは、このようなコミュニケーションでの問題は起きていません。

 

コミュニケーションを上手に取るための方法はこちらの記事でお伝えしていきます!

 

④この経験を通して学んだこと