マネジメント

部下といい関係を築くための考え方

スポンサーリンク

皆さんは部下との関係がうまくいかない時にどのようなことを考えますか?

 

これまで色々考えて試してみたが一向に改善されない…

 

という方は自分自身の考え方をもう一度見直す必要があるのではないでしょうか?

 

部下との関係を良くするために頑張っているのに、部下はそれに全く応えてくれずにストレスが溜まる一方だ…

 

と心の声が聞こえている方は要注意ですよ。

今回は上記のようなマネジメントで悩んでいる方へ、自分自身の考え方を変えることで部下と良い関係を築く方法をお伝えします。

 

①「見返りを求めない」という考え方

上記でも伝えましたが自分が一生懸命頑張っている姿を見せれば、部下も頑張ってくれるはずという考え方ではうまくいきません。

実際に私も店長になりたての頃に

 

リュウ
店長業務以外のことも率先して自分がすることで、その姿を見た部下が刺激されて、積極的に仕事に取り組んでくれるはずだ!

 

という考え方をもって仕事をしていました。

ですが結果的には部下の行動にさほど大きな変化は見られず

 

リュウ
何でこんなことにも気付かないんだ…

 

と部下に対しての不満が増えていくいっぽうでした。

 

ココに注意

この考え方自体が部下に見返りを求めていたので、部下の消極的な行動に対して不満を抱いてしまいました。

 

マネジメントをする立場にあるならば、見返りを求めずに頑張り続けることが必要です。言うのは簡単ですが、実際に実行しようとすれば慣れるまではかなりの精神力がいります。 

では、そうまでして見返りを求めずに頑張り続けることで何が得られるのかと言いますと部下との円滑なコミュニケーションがスムーズに取れるようになります。

 

ポイント

上の立場の人間が頑張っている姿は部下も見ていますし、必ず伝わります。そのようないつも頑張っている上司に仕事を頼まれたら、部下も気持ちよく仕事を引き受けてくれるでしょう。

逆に自分では行動せずに、指示だけ偉そうにする上司が部下に仕事を頼んでも嫌そうな顔をされるだけです。それに対して上司もイラッとして感情が出てしまいます。そうなるとお互いに信頼できずに関係性が悪くなり、最終的には仕事に支障をきたします。

 

リュウ
自分が見返りを求めずに頑張り続けることで仕事が円滑に進むのであれば、マネジメントをする側の人間としてはそうした方がいいと思いませんか?

 

部下のマネジメントに悩まれている方は、一度この考え方に変えてから行動してみてください。

 

②「感謝の気持ちを忘れない」という考え方

立場が上になると自分でも気付かないうちに、上から目線で物事を捉えたり、発言が強くなったりすることがあります。一般社員から役職がつくと、これまでの自分が行なってきた仕事にプラスして部下のマネジメントなど仕事量が増えます。

ですから、これまで行なってきた雑用などは部下に任せて、自分は自分にしかできない仕事を優先させようとします。そうしないと仕事がまわらない場合は仕方ないのですが、実はここに落とし穴があります。

立場が変わり仕事量が増えて余裕がなくなっている状態なので、部下への感謝の気持ちを忘れがちになります。

 

リュウ
自分は大変な仕事をしているので、雑用くらいはしといてくれよ…

 

という考え方になり、それは口に出さずとも態度に表れます。当然、その態度を感じた部下はあなたに対して不満を抱くでしょう。こうなるとお互いの関係性も悪くなり仕事にも影響してきます。

 

ココがポイント

マネジメントをする立場にあるならば感謝の気持ちは忘れてはいけません。

 

もちろん部下に対してもそうですし、同じ会社の上司や同僚、取引先の方、清掃員、よく行く飲食店のスタッフなど、自分に関わる人達には常に感謝の気持ちを持って接することが大切です。

部下に対しては感謝の気持ちを持つだけだはなくありがとうと言葉で伝えることで良い関係性が築けます。

 

ちゃんと感謝の気持ちは伝えています。

 

と答える方が多いですが、部下にはそれほど伝わっていないケースも多いので、感謝の気持ちと伝える言葉を意識してマネジメントしていきましょう。

 

本当の自分を知ることで自然と周りに感謝できるようになれる実践書です!

 

③「常に謙虚な姿勢である」という考え方

上記の感謝の気持ちを忘れないと同じような考え方ですが、立場が変わったからといって高圧的な態度や発言はよくありません。

 

言われなくても分かってるよ。

 

と思われる方もいるでしょうが、自分でも気付かないうちにそういう態度になっていることもあるので注意が必要です。自分に余裕がないと、自分の事を客観的にみれていないので部下に対して態度が大きくなっている可能性があります。

 

ここで一つ振り返って頂きたいのですが、あなた自身が何か間違いをした時にちゃんと謝ることができていますか?

 

普段から部下に対して厳しい指導をしている方もいらっしゃると思いますが、その様な状況であなたがイージーミスをした時に

 

ここで謝ってしまうと部下に示しがつかない…

 

と考えて謝ることをしないようにしていませんか?

謙虚な姿勢とは、たとえ立場が違えど自分の間違いは認めてきちんと謝るということです。

仕事ができる人は常に謙虚で、自分のミスはすぐに認めて謝ります。謙虚な姿勢を意識して行動すると、誰に対しても平等に接することが出来ます。人によって態度を変えているようでは信頼される上司にはなれません。

これまでの自分の態度を振り返ってみて、常に謙虚な姿勢を意識して行動してみてください。

 

部下の指導に関する記事はこちらでお伝えしています!

 

まとめ

今回はマネジメントで悩まれている方に対して、自分の考え方を変えることで部下とのコミュニケーションや関係性を変えることができるということをお伝えしました。

自分はしっかりとマネジメントができていると思っている時ほど、自分のことを客観的に振り返ってみましょう。

 

①「見返りを求めない」

②「感謝の気持ちを忘れない」

③「常に謙虚な姿勢である」

 

この三つを常に意識して行動すれば、感情をコントロールすることもできます。

まずは自分にすぐできそうなことを一つ選んで実行してみて下さい!

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

© 2021 ビジコミライフ Powered by AFFINGER5