独身で寂しい人におすすめの婚活パーティー!【PDCAでカップル成功率を高める】

 

今回の記事は

周りが結婚していく中で、未だ独身、恋人なし

毎日、仕事と自宅を往復する日々で刺激がない

休みの日に恋人と一緒にデートを楽しみたい

日常生活の中にトキメキが欲しい

新しい出会いを探している

というような人に向けての内容です。

 

独りで過ごす時間が増えると寂しくなりますよね。

皆さんは「寂しい」と感じたらどうされますか?

・ペットを飼う

・友達に連絡する

・趣味に打ち込む

・何もしない

 

私の周りで独身の人に同じことを聞くと「何もしない」という人が多くいました。

厳密にいうと「何もしない」というよりは「何をしたらいいのか分からない」という答えです。

 

要は「出会いは求めてるけど普段の生活において中々出会いがないから、何も起きない」という待ちの姿勢です。

恋愛ドラマのようなロマンチックな出会いがあれば素敵ですが、現実は厳しいですよね。

 

だからこそ自ら行動を起こす必要があるのです!

 

出会うための手段は探せば沢山あります。私もこれまで「マッチングアプリ」「SNS」「コンパ」「街コン」「相席屋」など何度も経験してきました。

このように出会いを求めるだけなら手段はありますが、「出会って仲良くなって付き合う」とまでいくとハードルが上がるので大変です。

ですが、私がこれまで経験してきた中で「出会って仲良くなって付き合う」までの展開がスムーズにいったものが一つだけあります。

 

それが「婚活パーティー」です。

 

婚活パーティーのことを知らない人でも分かる様に、私の体験談をもとに書いた記事がこちらになります!

婚活パーティー体験談

 

素敵な出会いを求めて婚活パーティーに参加している人は多いのですが、その一方で中々カップルになれずに悩んでいる人もいらっしゃいます。

婚活パーティーへの参加も無料ではないので、気になった人と出会ったら確実にカップルになりたいですよね。

 

そのために考えるべきは【PDCA】です。

 

今回は、独身で寂しい人におすすめの婚活パーティーに参加して、尚且つカップルになるための【PDCA】での考え方をお伝えします!

 

 

 

PDCAとは?

20200222140636.png

Plan(計画)

Do(実行)

Check(評価)

Action(改善)

の頭文字を取ったものが「PDCA」です。

 

きちんと計画を立てて、それを確実に実行して、でた結果に対して良かったところ、悪かったところを評価して、それをもとに改善策を練ります。

 

ポイント

PDCA」を実行することで、やるべき事が明確になるので迷いがなくなり、客観的に自分のことを見る事ができます。

たとえ失敗しても「この部分がダメだった」と気付けるので、そのダメだった部分に対して対策を取り、次に活かすことができるのです。

 

では、婚活パーティーでカップルになるための「PDCA」を考えていきましょう。

 

 

 

婚活パーティーでのPlan(計画)

20200222140723.jpg

まずは計画を立てる前に、婚活パーティーにおける自分の目的を決めましょう。そして、その目的を達成するための目標を決めます。目標を具体的にすることで次の実行がしやすくなるのです。

 

目的:「婚活パーティーでカップルになってLINEを交換する

相手の具体像:「30代で癒し系、職業は問わないが一人暮らしでタバコは吸わない人

 

目的を決めたら、それに基づいて計画を立てましょう。

まずは、どの婚活パーティーに参加するのかを決める必要があります。

 

相手の具体像」で上げたキーワードは「30」「癒し系」「一人暮らし」「タバコを吸わない」です。

このキーワードをもとに参加するパーティーを探しましょう。

今回は【OTOCON】と【PARTY☆PARTY】から探していきます。ちなみにどちらも「個室会場」で探して下さい。その方が一人一人の女性と落ち着いて話せますし、一人でも気軽に参加できます。

 

 

OTOCON

「オトコン」は、本当に結婚したい独身男女のための婚活パーティーです。お見合い形式のパーティーや、ランニング婚活、朝読書など朝婚活をはじめ、毎回趣向を凝らした企画をご用意し、本当に結婚したい方のために出会いの場を提供しています。

OTOCONはコチラ

 

 

PARTY☆PARTY

パーティーパーティーの特徴としては、女性の料金もそれなりにしますので「せっかくこれだけのお金を払うのだから、いい人を見つけたい」という真剣な女性が多いです。

PARTY☆PARTYはコチラ

 

 

※PARTY☆PARTYの流れはこちらでお伝えしています!

 

 

参加するパーティーを決めたら、具体的な目標を設定します。

考え方としては、目的から逆算していき、どういった行動を取れば目的が果たせるのかを考えていきましょう。

 

目的:「婚活パーティーでカップルになってLINEを交換する

婚活パーティーでは、最終的にカップルになれば連絡先の交換をしますので、目的を達成するためには自分が「いいな」と思った相手からも「いいな」と思ってもらわなければなりません。ですので、参加している女性の多くから好感を持ってもらえるような行動をとることを目標に設定しましょう。

 

 

6つの目標

① 挨拶は笑顔

② 自己開示

③ 積極的に質問

④ 共通点を見つける

⑤ 女性を褒める

⑥ 印象に残る挨拶

 

 

一人の女性と話せる時間は、その日のパーティーの参加人数により多少の変動はありますが、大体10分以内です。

限られた時間内に上記の6つの目標を実行していきましょう。

 

 

 

婚活パーティーでのDo(実行)

20200222140801.jpg

目標を実行する際はただ行うのではなく、その後、自己評価をする時のために内容を残しておくことが望ましいです。

初めのうちは慣れておらず余裕もないので難しいと思いますが、目的達成率を上げることを考えれば行うことがベストです。

とはいえ、いきなり内容を残していくのが難しいという方は、この6つの目標を何人に対して実行できたのかをチェックしていきましょう。

 

 

①挨拶は笑顔

女性は同じ個室にずっと居て、男性は個室を一つ一つ移動していく形になります。

そして個室に入って挨拶をするのですが、それがお互いに初めて顔を合わせる瞬間になりますので、その時にあなたが笑顔になるだけで第一印象の良さはグンと上がります!

 

笑顔の効果は皆さんもご存知だと思いますが、女性からすると「どんな男性が来るんだろう」とものすごく緊張している状態です。そこに入ってきた男性が笑顔だったら、それまでの緊張状態もほぐれてリラックスできるようになります。

 

まずは笑顔で挨拶ということを意識して実行していきましょう。

 

 

こちらの記事では笑顔の効果についてお伝えしていますので合わせてご覧ください!

 

 

 

②自己開示

自己開示とは、簡単に言うと自分の情報を話すことです。

初対面の人に対しては誰しも警戒心があります。その警戒心を解く一番の方法は、自分がどういう人間なのかを分かってもらうことです。そして、こちらが自分の情報を話すことで、相手も自分のことを話してくれるようになります。

 

職業や趣味などはプロフィールをみれば分かることなので、婚活パーティーに参加した理由や恋愛観、将来がイメージできるようなデートプランや理想のデートコースなどの話をするのがオススメです。

 

ポイントは結婚や恋愛に関連した自分の情報を話すことです。

 

 

自己開示についてはこちらでもお伝えしています!

 

 

③積極的に質問

女性のタイプにもよりますが、私の経験上では婚活パーティーに参加している女性は受け身の人が多いように思います。

ですので、自分から質問できない男性の場合だと、お互いに無言のまま時間だけが過ぎていくという最悪なパターンになりますので気をつけてください。

 

質問に関しては、プロフィールをもとに仕事や趣味について聞くのがベターです。ですがそれだと周りの男性陣と一緒になってしまうので、あなたが②自己開示で恋愛観について話をしたら、その流れで相手の恋愛観について質問をしましょう。

 

恋愛に関連した質問を続けていけば終始恋愛トークで盛り上がり、周りの男性陣との違いを出せるはずです。

 

 

質問テクニックに関する記事はこちらでお伝えしています!

 

 

④共通点を見つける

相手との共通点を見つけることができれば、一気に距離を縮めることができます。

婚活パーティーでよくあるのが「地元が一緒」というパターンです。プロフィールには地元を書いてある場合もあるので、そこが一緒であれば地元の話で簡単に盛り上がれます。

お互いに地元を離れて頑張っているという環境の中で、地元の人しか知らないお店や人気スポットの話をすると親近感が湧きますし、お互い昔から知っているような感覚に陥るので仲良くなりやすいです。

 

仕事の休みも趣味も恋愛観も共通点が見つからない」という場合は、無理して見つける必要はありません。

 

ココに注意

趣味が映画鑑賞の女性に合わせて「俺も映画鑑賞が好きなんですよ!」と無理すると「最近はどんな映画見ましたか?」と質問されて結局嘘がバレます。

 

共通点が見つからない場合は「これから相手女性との共通点を作っていきたい」というスタンスで大丈夫です。

 

ココがおすすめ

先程の例でいくと「これまで映画はあまり見てこなかったのですが興味はあります。でも、周りに映画好きな人が少ないのでそういう話ができなかったんですよ。だから◯◯さんのオススメの映画を教えて下さい!

このような感じで、相手が得意なものに対してこちらも興味を持って接していくと、それが共通点になって盛り上がります。

 

 

⑤女性を褒める

基本的に外見が良い女性は「美人ですね!」「可愛いですね!」といった褒め言葉には慣れているのであまり効果がありません。

そういう人を褒める際は内面を褒めましょう。

 

会話の中でヨガに行っているということが分かったら

ヨガに行って努力していることも凄いですけど、色んなところにアンテナを張って意識していることがさらに凄いですよね!

という風に頑張っているところを褒めるのがポイントです。

 

後はテクニックとして「勝手に決めつける」という褒め方もあります。

まずはその人を見て、どういった所に気を使っているのかを推測します。分かりやすいところだと「髪型」「メイク」「服装」です。

 

髪型の場合

もしかして、前の仕事って美容師さんですか?

 

えっ、何でですか?ずっと事務をしていましたけど…

 

いや、ヘアスタイルが可愛くてセットが上手なんで美容師さんをされていたのかと思ってしまいました!

 

メイク」の場合は「化粧品の販売員

服装」の場合は「アパレル店員

というように、相手の前職を勝手に決めつけてから褒めるというやり方も女性の印象に残りやすいのでオススメです。

 

 

⑥印象に残る挨拶

時間がきて最後に個室を出て行く前に挨拶をしますが、ここで普通に「ありがとうございました」だけでは何も響きませんし、印象に残りません。

 

女性陣は短い時間で何人もの男性と話をしているので印象に残っていなければ選ばれることもありません。ですので最後まで気を抜かずに、できるだけ相手の印象に残る挨拶にしましょう。

 

ココがポイント

ここでの挨拶は言うなれば、上記①〜⑤を踏まえての総括になります。そこに関連した挨拶と感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

例えば、恋愛観についての話がメインだったのならば

短い時間でしたがありがとうございました!似たような恋愛観の女性と出会えただけでも、このパーティーに参加した意味がありました!また楽しい恋愛トークをしましょうね!

 

お互いが盛り上がったトークや共通点、褒めた時に喜んでくれたことなどを振り返って、改めて言葉に表すことで相手に印象づけることができます。

 

次もまた話しましょう!」というように、次があることを意識してもらうことも大切です。

また機会があれば話しましょう!」という伝え方だと、社交辞令と受け取られてしまいますので気をつけてください。

 

 

こちらでは女性とのトークのポイントをお伝えしていますのでご覧ください!

 

 

 

婚活パーティーでのCheck(評価)